アパート投資&ワンルーム投資

不動産投資、ワンルーム投資が注目されているようです。
同様にアパート経営も人気があるようです。

アパートは一棟という大きな投資、一般の投資家には大きなまとまった資産が必要。
十分に検討する必要がある投資。

資産形式の観点から検討するとアパート経営は最終的に土地が残るという魅力があります。
アパートとしての価値がなくなってしまった場合でも残った土地を資産として残る。

ワンルームマンション投資は区分所有物件に対する投資。
土地の割合はとても小さく土地などはほとんど残りません。
土地が残るというメリットは大きいのかもしれません。

収益性(利回り)から比較するとアパート経営の利回りは高くて10%を超える物件もあるそうです。
一般的には新築の場合で7~8%、中古の場合は9~10%程度が一般だそうです。

ワンルームマンション投資は年に4%くらいの利回りがあるそうです。
利回りの高さでもアパート経営はメリットがあるように思います。
アパート経営やワンルームマンション投資における想定利回りは入居者がいることが前提。

アパートは複数の部屋があり、その1部屋が空き部屋になっても12.5%程度の減収。
ワンルームマンションの経営の場合、投資先の部屋が空き部屋になってしまうと収益は0円。
リスクの分散の面からいうとアパート経営のほうがいいのかなと思う。
ただし、アパート全部屋空き部屋になってしまえば、収益は0円になってしまいます。

アパート経営もワンルームマンション投資も魅力的な物件への投資が前提。
ユーザービリティを考えた投資や経営が必要。

アパート投資&ワンルーム投資はどちらにしても長期運用。
長期運用を行い、やっと元がとれる世界。

個人的には小額投資が可能な不動産ファンド投資を検討中。
利回りの良い不動産ファンド投資で貯蓄を増やし、将来的には不動産を経営したいと思っています。

不動産ファンド投資

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ